読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

補間の話

R

急遽勉強する必要があり、知識がありましたら教えて欲しいです。 河川において、縦断的に複数点の水位時系列変化がわかった場合、その間の水位を補間して求めようと考えております。 とりあえず一次元的に考えてみると以下のような方法がパッと思い浮かびま…

fortran compilerについて

R

先日話にでたfortranのcompilerの件ですが、いろいろ調べてみるとgfortranは結構バグあったりとなかなか厳しそうですね。 私がfortranを書くときには必ずgfortranで回るようにしてきましたが、ifortを使用することを前提として考えても良いのかと思ってます…

re:iric

R

ご存知だと思いますが、Nays1D+がリリースされてるようです。 iricの方は知りませんでした。 マニュアル(http://i-ric.org/ja/download/get/CGZaFv)式(3)-(9)をみるとあまり断面平均流速の計算方法が良くないですね。局所で矩形近似したマニング則を適…

シンポジウムの話とか

R

相変わらず忙しそうですね。無理せずに頑張ってください。 かなりpythonは使ってますが、まだあまり速度が気になったことがないです。気になるのはmatplotlibを使った時くらいです。f2pyは少し見てみましたが、当然オブジェクトを渡すことができないと思うの…

スマホのGPS情報から写真にジオタグを埋め込む

R

全然水理学じゃないですが,仕事でやって楽しかったのでまとめてみました. モチベーション GPS付きのカメラが普及し始めているが,いざ使ってみると測位が遅かったり,精度が悪かったりして,あまり上手くいかないことがある. スマホのGPSはすぐに反応する…

久しぶりに河床変動の話

R

ご存知かもしれませんが,芦田・藤田の式による河床変動計算の論文を検索していた時に以下を見つけました. https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/52/0/52_0_613/_article/-char/ja/ 細田先生らしくない論文で内容は全然駄目なのですが,何とか簡…

Gitによるversion管理

R

次回勉強会のテーマの決めのために,最近思うことを適当にブログに上げておきます.興味のないことは無視して下さい. Gitによるversion管理 ある人に勧められてやってみようかと考えております.使ってますか? webからの情報だと,慣れている人ならCUIのみ…

Section Quasi 2D Uniform Flow model

R

Section Quasi 2D Uniform Flow model 今できているとことまでアップします. 先ずはこれまでのケースで底面,壁がnonslip条件のもの 全然合わないです. 次は底面,壁に対数則を与えます. 流速の絶対値はあってきました.なお,ここでは,cfは0.004を与え…

pythonの話とか

R

pythonの話 indexで回すことが前提のプログラムになってます.多分癖ですね.なかなか抜けないです.多分すべてをindexループなしで書こうと思うとイテレータでしょうね.可読性の問題がありますが.参考:Pythonのイテレータとジェネレータ - Qiita indexの…

Section Quasi 2D Uniform Flow model case01

R

またまた更新間隔が空いてしまいました.結構ひどい風邪を引いてしまい,週の半分も欠勤してしまうなどあり,なかなか手が回りませんでした. Section Quasi 2D Uniform Flow modelの開発 前回打合せ時の件です.命名はとりあえず上記の通りにしました.先に…

はじめてのf03

R

全然更新せずにすいません.抜け殻のようになってました. 気分転換にf03で不等流計算を書いてみました.結構苦労しましたというかかなりの力作です.DBの置きましたので,確認し意見をいただけると幸いです.doxygenもあります. ハマった点や気になる点を…

粒子法詐欺

R

粒子法について webで見つけました. http://kamonama.blogspot.jp/2009/08/sph.html これってほんと詐欺だと思いません?SPHで解いていますが,たったこれだけの粒子数で解けるなんてレンダリング次第でどうにでもなりますね.CG向きです. SPHやMPSってど…

鬼怒川など

R

鬼怒川について 国交省のHPに決壊地点のCCTVが載っていました.激重なので,注意して下さい. http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/kikaku/data/20150910132234.mp4 印象として破堤ってもっといきなり来るものかなと思ってましたが,意外にゆっくりと進むな…

鬼怒川の破堤

R

我が国は大雨で大変なことになっております. 鬼怒川の破堤 ご存知かと思いますが鬼怒川が破堤しました.地理院のサイトに詳しい情報があります. 台風18号による大雨等に係る情報|国土地理院 またサイト内のドローンの動画が重すぎるためyoutubeにもアップ…

Re:浮遊砂

R

生成項まで完全陰解だと、落ち着くのかなと考えてます。 気分転換にたまにいじってますが.どうも濃度の問題じゃなさそうです. 濃度分布式はそれほど非線形性が強くない解けてないわけじゃなさそうです. 今の感じだと流れと河床変動を分離して解くことによ…

Re:土石流の話

R

多分,山地河川のものと似たような感じだとは思うのですが,支配方程式は以下のものです. [http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/no57/ronbunB/a57b0p36.pdf] ラフに扱っているというのは,depth-integrateの取り方だと思います. 本当はc*uを考えて積分す…

プログラミングの話

R

計算待ちの時間にだらだらと書いていたら長くなってしまいました. Fortranの本 本の紹介有難うございます.いまさら本を出すのもすごいですね.本屋で見てみます. あと、サブルーチンを引数にする書き方があるのは知りませんでした。 私も知りませんでした…

カーテシアン格子か境界適合格子か

R

鉛直二次元流れや三次元流れの解析での格子系について,カーテシアン格子か境界適合格子がいいのかを改めて考えてみました. 河川の解析で境界適合格子を使うことが多い理由 水面や河床が極端に変形しないことは大前提ですが,河川流れを決定するせん断力の…

なんか派手ですよね

R

さすが京都大学というかなんか派手ですよね.IRICらしいです. 土石流の経路や範囲、高精度で予測 京大防災研:朝日新聞デジタルwww.asahi.com 伊豆大島の時以来このような解析に積極的に取り組んでいるようです.ボスの指導の元計算を行っており,沖積河川…

続:浮遊砂の計算

R

支配方程式と離散化 支配方程式は以下のとおりです. 離散化では,depositionの項を陰的に取り扱うと以下のような感じになります.なお,移流項は1次風上差分,拡散項は中央差分を用いています. 何が駄目なんでしょうか...さっぱり分かりません. セグメン…

射流時の浮遊砂および濃度分布

R

遊びで1Dで浮遊砂のみの河床変動計算を書いていたのですが,射流時に飛んじゃいます. 正確に言うと,初期に一定勾配を与えた場合は,E=Dとなるまで河床が低下し,その状態の平衡状態が形成されます. 一方,河床に凹凸を与えた場合,一定時間経過後,濃度に…

夏期講習会

R

2015年度(第51回)水工学に関する夏期研修会開催について | 土木学会 水工学委員会 去年にくらべたら見劣りしますが,数名は大先生が出てきてますね. ただ,硬派と軟派混ぜすぎです.一部はほんとに聞く価値なしです.

国際学会とか

R

今年,来年と面白そうな国際学会が日本で行われるので紹介しておきます. Gravel Bed Rivers 8 Gravel Bed Rivers 8 来月中旬開催です. もともとは,河川の地形学に関する集まりでしたが,近年は力学の方にも若干力を入れているようです. 今回は京都,高山…

Re2:画像の話

R

回答 TeXではepsしか使ったことがありません。 以下のサイトにありますが,今のTeXならどんな形式でも問題なく入ります. 使ってはいけない LaTeX のコマンド・パッケージ・作法 - Ichiro Maruta Homepage 多分今後はepsはあまり使わないかと思います.bbフ…

画像の話

R

matplolibやexcelで作ったグラフをイラレで処理し,wordやTeXに貼る作業を行う場合,どの形式で扱うのが良いかとずっと悩んでました. いろいろやる中で一応自分の中でこんな感じかなと思いましたので,まとめておきます. ベクタが基本 wordやTeXで拡大・縮…

先日お渡ししたGibouさんの論文の話

R

これの話です. A Second-Order-Accurate Symmetric Discretization of the Poisson Equation on Irregular Domains 概ね私の中で解決したのでまとめておきます. この論文の中でIB法に関するところ. 実はほとんどありませんでした.式(16)-(23)辺りだ…

流砂の非平衡性について

R

全然書き込めずすいません.というか書きたいことがあるのになかなかまとまらないです. 昨日某氏と例の科研費(https://kaken.nii.ac.jp/d/p/15K07502.ja.html)の話をしたときに思ったのですが,平衡流砂量式ってどこまで適用できるのでしょうか. 私の認識…

一昨日話し忘れていたこと+α

R

お疲れ様でした.以下の二点話し忘れていたので記載しておきます. ポアソン方程式の解法 以前お渡ししたMittalさんの論文ですが,IB法の部分ばかり注目してましたが,ポアソン方程式の解法も少し工夫しているようです. IB法を考えるとスタッガード格子はgh…

MIFES10

R

ようやくですが一応買いました. あまり変わってないですが,安定の性能です. 今どきテキストエディタにお金をかけるなんてナンセンスですが,ずっと使っているので私にとっては必要です. 使っていて変わったと感じた点は, 自動でソースを解析し,アウト…

RE:模式図作成とか

R

模式図作成 PLplotは知りませんでした.いろいろ出来そうですね. それにしても図化ソフト,ライブラリっていろいろありすぎてどれが適当なのかさっぱり分かりません.OSがバージョンが変わって使えなくなるものが出てくると怖いですね.元データはしっかり…

三次元の模式図作成に最適なソフトって

R

三次元の模式図 最近三次元計算ばかりやっているのですが,境界の処理とかが相当複雑な方法なのでプログラムも複雑になっており,自分のためにもドキュメントを作っておかないとまずいと思ってます. 模式図作成用の良いソフトはないですかね.絵心があれば…

底面,壁面せん断力の話の続き

R

概ね解決しました. 対数則の抵抗則を底面,壁面に反映させるために境界を含むセルの運動方程式の右辺に-τ0/ρLを付加させることにより,slip条件でも適切に流れ場を評価することができました. ちょっと曖昧な点は以下の2点です. - τ0を以下の式で評価して…

底面,壁面せん断力について

R

最近計算をやっててハマってしまいました. 底面,壁面せん断力について 今までの底面,壁面せん断力はno slip条件を適用しておりましたが,より現象に近い流れとするため,せん断力を考慮して設定することにしました. 基本は対数則ですが,水深の概念がな…

PTVS

R

Python Tools for Visual Studio - Home これを見て最近使い始めました.まだまだpythonに慣れてないので補完は本当に便利です. それにしてもvisual studioは凄いなと思います.

Dam-break flows over mobile bedsの話

R

IAHRのワーキング http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00221686.2012.689682 をみると,2012年にワーキングで実験のベンチマークをとっていたようです. もし論文が必要なら言って下さい. 関係無いですが,最近,IAHRのHPに言語の選択という機能が…

常流時,射流時の河床変動特性について

R

計算結果 気分転換に書いてみました.DBに置いておきます.VBAなのでmacだと無理かな. 流れのスキームはup wind flux schemeと細田先生のupwindの2ケースです. 合ってるのかどうかなんとも言えませんが,伝播方向はきれいにでてます.非定常流計算の場合,…

Wuさんの新しい論文

R

Wuさんの新しい論文 http://ascelibrary.org/doi/abs/10.1061/%28ASCE%29HY.1943-7900.0000947 変態としか言えませんね. ここまでいくと何が正しいのか分かりません. DBに置いておきます. 境界の処理にIBっぽいのを使ってますね. IB法 Mittalさんの方法…

トリリニア補間

R

トリリニア補間 公開しよう思って書いていたのですが,あまりにもソースが長くなってしまったので,少し綺麗に修正していました.それでも長いですが.これってかなり一般的な形状にも対応しているため複雑ですが,立方体の3辺がxyz軸に沿っている場合,数行…

RE2:HLL, HLLC

R

さすが早いですね.プログラムがまとまったら見せて頂きたいです. HLL, HLLCのメリットって,FDSに比べて計算がシンプルになるので,例えば河床変動も含めたシステム方程式で計算をするときに比較的に楽に計算できることだと認識しておりましたが実際どうで…

計算時間を計測するmodule

R

たまにはソースを.完全に以下のサイトのパクリですが. http://www.nag-j.co.jp/fortran/tips/tips_PortableWayToTime.html MODULE RecordTime IMPLICIT NONE INTEGER(4), PRIVATE :: t1, t2, t_rate, t_max, diff REAL(8), PRIVATE :: cput1, cput2 PUBLIC…

HLL、HLLC

R

Toroさんなんで本家ですね.さすがにこの本は大変ですね. Wuさんの本にもそれなりに書いてますよ. 最近のIHARを見てると,特に河床変動解析では近似リーマンのHLL、HLLCの一択ですね.ほんとに多いです.やっぱり河床変動と同時に解けるからいいのかな. …

見つけました

R

見つけました. http://www.grc.nasa.gov/WWW/winddocs/utilities/b4wind_guide/trilinear.html ほぼコーディングも終わったので後日公開します.

トリリニア補間

R

書こうと思うのですが,全然参考になる資料がなくて... 資料とか書籍とか持ってます?教えて頂きたいのですが...

pandocを使って.mdから.pdf

R

休みに中にチャレンジしましたが、相当苦労して結局出来ませんでした。 ですが、もう一歩のところまできたので苦労した点を列挙しておきます。 pandocの仕様の理解 pandocの仕様では、.mdから.pdfへの変換時にTeXを経由します。その際にLuaTeXを使用するよう…

堆積の問題

R

流砂研究の最先端 最近の話題として、特に堆積の観点で浮遊砂がかなり効いているのではないかという話題があります。砂防の分野でも、掃流砂、ウォッシュロードの観測から逆算して、浮遊砂として河川に供給される土砂量が以前の想定よりも多いのではないかと…

続:蛇行の話

R

流量規模に依存しながら、浸食と堆積を繰り返しながら川幅が維持されると思っていましたが、以下の清水先生や長田さんの論文をみると、外湾の浸食に比べて、内湾の堆積が小さく、川幅が拡がる一方なんですよね。 http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00028/…

蛇行の話

R

ある方と蛇行の話をしていたところ、どうやって計算しても外湾側の洗掘に対して、内湾側の堆積が追いつかないとのことでした。そこで、蛇行の計算と言えば清水先生だなと思い、以下の論文を読んでみました。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejhe/6…

摩耗が拡散?

R

ネットで見つけましたがどう思います? http://jp.sciencenewsline.com/articles/2014021223440024.html 元論文を読んでないので詳細は不明ですが、どう考えても理解できないです。

MVC

R

はじめて聞いたので、勉強しました。 確かにVBAのformを使った場合、ルールを決めないとグチャグチャになってしまうので、一気に可読性が下がります。 formをviewと位置付けて、しっかりと分けないと駄目ですね。 いろいろと面白いことをやっているのでまと…

DB

R

DB 先日のデータを基に練習にVBAで作ってみました。 SQLが使えたので使ってみました。3000行程度データベースですが速い気がします。 dropboxに置いておきます。完全にwindowsオンリーです。 本当は図化まで作りたかったのですが、微妙にフォーマットが違っ…