趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

沖積河川の砂州形成の数値実験

R

今回の記事はブログレベルの話ではないですが、ずっと悩んでいるのでとりあえずまとめておこうかなというところです。 砂州の定義は以下の記事を参照下さい。 computational-sediment-hyd.hatenablog.jp 支配方程式 流水 流砂、河床変動 計算条件 計算結果と…

沖積河川の砂州について整理してみる

R

砂州についてしゃべることは多いのですがまとめたことが無かったので整理しておこうかと。 面白い数値計算結果が出たので、その準備だったりもしもます。 はじめに 砂州の分類 砂州の分類 砂州の特徴 交互砂州(単列砂州) 多列砂州 網状流路 固定砂州 砂州の…

備忘録:jupyter上でsympy使用時のバグ?

R

今までは、 import sympy as sp sp.init_printing() で、使えたのに何かのアップデートの関係で import sympy as sp sp.init_printing(use_latex='mathjax') じゃないと表示されなくなってしまいました。 原因は調査中です。

numba.jitの挑戦:SIMPLE法による3Dキャビテーション流れの計算はどこまで速くなるか!10分⇒?

R

モチベーション このブログでもしばしば登場するnumba.jitを3D計算でどれほど使えるのかを 前記事(SIMPLE法でもpythonならシンプルに書けるのか ⇒ かなりシンプルになるがやっぱり...(ソースコードあり) - 趣味で計算流砂水理)のSIMPLE法による3Dキャビテー…

SIMPLE法でもpythonならシンプルに書けるのか ⇒ かなりシンプルになるがやっぱり...(ソースコードあり)

R

最近科学技術計算を書いてなかったのでウォーミングアップにこんな感じの3次元キャビテーション流れをSIMPLE法で書いてみました。 大きいものはこちら はじめに 計算モデル 計算条件 ソースコード 仮の速度の計算式 圧力補正値の計算式 全体のループ コード…

windows10環境のParaview ver.5.7 & ver.5.8でレイアウトがクラッシュする場合の解決策⇒「インテル グラフィックスの設定」のVUP

R

久しぶりにParaviewを使うおうとインストールしたら不具合が出たので。 元ネタIntel GPU driver update 26.20.100.6708 on windows breaks Qt GUI --> FIXED by UPGRADING intel drivers (#19364) · Issues · ParaView / ParaView · GitLab が英語しかなかっ…

ノートPCのスペック : VAIO Pro PG

R

CPU : intel core i7-8550U@ 1.80GHz 1.99GHz RAM : 16 GB OS : Windows 10 Pro 64bit

備忘録:Ctrl2cap:Caps LockをCtrlに変える

R

HHKBに慣れてしまうとノートPCを使ったときにCaps Lockを間違えてしまうので。 公式 Ctrl2cap | Microsoft Docs 参考サイト 5分でcapslockキーをctrlキーに変更する(windows10) | ジョイタスネット アップデートされてないしレジストリいじるから危ないけど…

pythonによる可視化はHoloviews一択

R

なぜHoloviews? このブログに登場するグラフは、ほぼ全てHoloviewsを使っています。(正確には、PyViz-HoloVizファミリーのholoviews、geoviews、hvplot、Panel) Holoviewsは、Bokeh、matplotlib等のラッパーです。 最大のメリットはwebベースのインタラクテ…

多列砂州河道の再現計算⇒少しましになった

R

以前の計算(多列砂州河道の再現計算(失敗例) - 趣味で計算流砂水理)をやり直してみました。 ましになりましたが、もう少しですね。 5000hrで計算機が落ちてしまいました。ちなみに計算時間は1ヶ月くらいです。

衛星画像planetで遊んでみる:河道内植生の変化とか

R

河道内に繁茂する木とか草についての話題です。河道内植生とか呼ばれており、河川分野では一つの研究テーマだったりします。 まず、大きな出水のあった2019年の荒川の熊谷周辺の経年変化をplanetでレンダリングしてみます。 画像を右クリックで再生を選択 大…

趣味で調布市の水防計画を立案する:被災履歴のレンダリング

R

ようやく新たなプロジェクトが始動しました。 テーマは「趣味で調布市の水防計画を立案する」です。 要はコンサルがやるようなことを趣味でやってみようということです。 なぜ調布市かは深い理由はないです。ちょっと思い入れがあるだけです。 まずは水害履…

衛星画像planetで遊んでみる:砂河川の多列砂州

R

過去記事1(衛生画像planetで複列砂州の変化をレンダリングしてみた - 趣味で計算流砂水理 )、過去記事2(衛星画像planetで遊んでみる:天竜川河口付近 - 趣味で計算流砂水理) と同じ複列、多列砂州河道ですが、過去記事は河床材料が礫で今回のものは砂です。 …

Google Colaboratoryは凄いけどやりたいことができなかった(2020-5-7時点)

R

最近勉強も兼ねてGoogle Colaboratoryを使っていました。結論としては凄いの一言でローカルのjupyterはいらないんじゃないかと思うくらいです。 標準状態で!pip listによりパッケージを確認すると次のとおりで372個のパッケージが入ってます(2020年5月7日時…

衛星画像planetで遊んでみる:天竜川河口付近

R

前回の記事(jupyter上で衛星画像ALOS/AVNIR2をバンド演算とか図化してみる - 趣味で計算流砂水理 )で取り扱った天竜川河口付近についてplanetで変化を見てみました。 過去記事(衛生画像planetで複列砂州の変化をレンダリングしてみた - 趣味で計算流砂水理 )…

jupyter上で衛星画像ALOS/AVNIR2をバンド演算とか図化してみる

R

オープンデータの衛星画像ALOS/AVNIR2をjupyterバンド演算と図化をしてみました。 下の絵はハードコピーですが実際は移動・拡大縮小が可能です。(実はこれが本質だったりします。webベースならインタラクティブなものを使いましょう = matplotlibやめましょ…

linux環境でpythonのgdalを使うときの注意点

R

GDALって gdalとはosgeoの提供するオープンソースライブラリでジオメトリデータを処理するためには必須です。 基本的にはCLIですが、主要なGISソフトのバックエンドで動いています。 詳しくはWikipediaで python用のモジュールもあります。 GDAL python API …

Dockerでcondaの仮想環境をつくる

R

dockerでpython環境を作る場合はpipを使うことが多いですが、依存性を考えるとcondaを使いたいところです。 例えば私が愛用しているgeoviewsの公式 には、 GeoViews itself is also installable using pip, but to do that you will first need to have inst…

衛生画像planetで複列砂州の変化をレンダリングしてみた

R

衛星画像シリーズです。 流路がどんどん変動していく様子がよくわかります。 画像を右クリックで再生を選択 大きいものはこちら 過去記事は以下です。 computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

docker備忘録

R

単なる備忘録です。これだけ読めば思い出します。 Dockerfileとdocker buildコマンドでDockerイメージの作成 (1/2):いまさら聞けないDocker入門(3) - @IT Dockerイメージとコンテナの削除方法 - Qiita Dockerコンテナの作成、起動〜停止まで - Qiita Doc…

herokuでDockerを使う

R

使用頻度が低くすぐにわすれるので備忘録として よく使う人はheroku cliを使ったほうが良いですが、忘れてしまうのでguiでの操作を基本とします。 Herokuアカウントは作成済みとします。 基本作業 Heroku dashbordから「Create new app」よりアプリを作成す…

河川流一次元モデルの構築:インターフェイスの公開

R

ティーザーの公開(河川流一次元モデルの構築:ティーザー - 趣味で計算流砂水理)から随分時間がたってしまいましたが、ようやくインターフェイスが完成しました。 使用方法 データの読み込み Webアプリケーションhttps://s1dmodel.herokuapp.com/s1dmodelを…

2020/4/16時点pyviz関連の不具合の解消法

R

このブログでもしばしば登場するgeoviewsやholoviews等pyviz関連の話題です。 最近新しいシステムを作っていてbokeh serverやgeoviewsに不具合が出まくって苦労したのでその対応メモです。 これまでは、conda環境でpyviz channelを使って、 conda install -c…

衛星画像planetが面白い:河口砂州の月変動をレンダリングしてみた

R

久しぶりにふわっとしたネタを. planet社の衛生画像を使うと下のような河口砂州の月変化が簡単に作れちゃいます。うっとりします。一昔前なら考えられない。 画像を右クリックで再生を選択 大きいものはこちら planetの概要 詳しい概要は以下を参照下さい。 …

オーバーシュート解説:エイプリルフールなので

R

エイプリルフールなので. fuckin CORONAの思いを込めて. というか時間が余ったら勉強しましょう。 Lax-Wendroffスキームはオーバーシュートとアンダーシュートが生じる。 コードはこちら

河川流一次元モデルの構築:入力データの形式

R

ティーザー(河川流一次元モデルの構築:ティーザー - 趣味で計算流砂水理)を出した後、予備知識が無いと伝わらないことに気付きいろいろ関連記事を書いていました。 記事も揃ったので続きを書きます。 入力データの形式 基本的な形式は、我々が提案する河川…

現場の水理学のヒントシリーズ:自然河道断面の平均流速公式

R

自然河道断面の計算は、教科書の水理学から実務の水理学へ展開するときの第一歩のようなものです。 簡単なんですが知らないとちょっと面倒なので解説しておきます。 基本なのにしっかりと記載されている書籍があまりないです。 水理公式集 に難解に記されて…

マニング則の適用水深範囲について:粗度係数と相当粗度の関係より

R

河川流計算では河床の摩擦抵抗評価にマニング則が広く用いられます。 その理由は、マニングの粗度係数が水深によってほとんど変わらず、使い勝手が良いためです。 そこで、マニング則がどのような水深レンジまで適用できるのかを簡単にまとめてみました。 手…

河川横断測量成果のデータ形式は絶対にこうすべき!

R

かなり長いので結論から。 河川横断測量データはgeojson形式にすべき。 サンプルデータは、 {'type': 'FeatureCollection', 'crs': {'type': 'name', 'properties': {'name': 'urn:ogc:def:crs:EPSG::6677'}}, 'features': [{'type': 'Feature', 'properties…

備忘録:Inkscapeのテキストをsvg1.1対応に変換

R

すぐに忘れるので自分用のメモです。 Inkscapeで作成したsvgは1.2のため、テキストがブラウザで見れないことがあります。 そのときに対応策です。 logo.dollsent.jp