趣味で計算流砂水理

趣味で計算流砂水理 Computational Sediment Hydraulics for Fun Learning

数値計算とか河川工学とかプログラミングのことを書いています

MENU

メモ:d4PDFの5kmダウンスケーリングモデルSI-CAT DDS5TKについて

R

本業(河川屋)で使ったのでまとめておきます。 SI-CAT DDS5TKとは 解析の対象期間 解析の対象エリア データの座標系、地図投映法 河川計画への適用について 公開場所 SI-CAT DDS5TKとは 気候変動適応技術社会実装プログラム SI-CAT(Social Implementation …

雑談:メインPC:VAIO Zがとんだので、VAIO Zを批評します。⇒ 一般の方にはあまりおすすめしません。

R

年明け早々最悪です。厄年の洗礼かな。 VAIO Zが壊れた経緯 VAIO Zを購入した理由 壊れるまでの使用感 修理依頼から完了まで まとめVAIO Zの批評 VAIO Zが壊れた経緯 私のメインPC:VAIO Zが壊れました。(スペックはノートPCのスペック : VAIO Z - 趣味で計…

ダム建設が河道に与える影響:十勝川を例に

R

十勝川について調べていた時に気になったのでまとめておきました。 一応専門としている土砂水理の話なので少しマニアックです。 ダムによる河道への影響 ダム建設後の十勝川の変化 十勝川 札内川 当該分野の研究動向 おわりに 参考図書 十勝川についてのみを…

備忘録:「河道計画検討の手引き」の誤い-潜水橋による堰上げの影響

R

自明な内容ですが5年に1回くらい聞かれるので。 直リンク:http://www.jice.or.jp/cms/kokudo/pdf/tech/material/kadoukeikaku.pdf#page=93 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.current…

備忘録:プロキシ環境下でanacondaが急にネットワークに接続できなくなった要因

R

プロキシ環境下でanacondaが急にネットワークに接続できなくなりました。 色々調べると、プロキシ環境の変化によりssl_verifyがTrueだと接続できなくなっていたようです。Falseにすると通りました。 conda config --set ssl_verify False Anaconda Prompt (M…

備忘録:Wordで図とキャプションを分離させない

R

Wordを使い初めて15年くらい経ちますが初めて知りました。

備忘録:windowsでwifiの候補リストが表示されなくなったときの対処法

R

windowsのアップデート等(私の場合はネットワークのリセット)でwifiの候補リストが表示されなくなったときの対処法です。 考えられる理由としては、以下のserviseが停止しているためと思われます。 WLAN AutoConfig piyopiyocs.blog115.fc2.com Network Li…

pythonで地域メッシュごとのポリゴンデータからGeoTIFFを作成する:国土数値情報平年メッシュデータを例に

R

TL;DR 地域メッシュポリゴンデータからGeoTIFFを作る手順を解説 pythonのrioxarrayを使うと簡単 テストケースで作成した平均年間雨量のデータが興味深い。 結果だけ参照されたい方は「 国土数値情報:平均年間雨量メッシュデータ」まで読み飛ばして下さい。 …

備忘録:QGISのarea()と$areaの違い

R

たまに使うと忘れているので。 以下のサイトの一部をDeepLしただけです。 gis.stackexchange.com 楕円形と平面、どちらの面積も計算できます。 投影CRSで定義されたジオメトリの平面面積を知りたい場合は、area($geometry) 式を使用します。返される値は、そ…

議事メモ:2022/11/5

R

非構造格子の計算方法 よくわからないので勉強したい 。資料収集から。 貯留関数のパラメータ同定 スパース推定を使えないか。 浅水流モデルの高速化 ステンシル数が少なく並列化では限界がある。 dtを大きくとる、つまり、陰解法を用いるしかない。その場合…

画像処理のど素人がまとめたpythonによるTIFF圧縮形式の比較

R

画像処理なんて全くわからないのですが、必要になったのでまとめておきました。 TL;DR TIFF画像作成時には多くの圧縮形式が準備されている 今回の事例では、deflate、lzma、lzw、zstdによる圧縮でファイルサイズが30~50分の1になった。 はじめに TIFFの圧縮…

コーディングを意識したかなり丁寧なSIMPLE法:スタッガード格子版の離散化の解説

R

以前にSIMPLE法のプログラミングに関する以下の記事を書いたので離散化の記事を書いておきます。 SIMPLE法でもpythonならシンプルに書けるのか ⇒ かなりシンプルになるがやっぱり...(ソースコードあり) - 趣味で計算流砂水理 Computational Sediment Hydraul…

備忘録:python-openpyxlを使うときの注意-旧形式ファイル.xlsは使えません

R

pythonでexcelファイルを処理するときの最もポピュラーなライブラリopenpyxlを使用する場合、旧形式のexcelファイル(拡張子.xls)は使えないので、.xlsxまたは.xlsm形式に変換する必要があります。 大量のxlsファイルを変換する場合は、例えば以下のサイト…

備忘録:numpyでインデックス用の連番を振る

R

数値計算ではインプットファイルなどでインデックス用の連番を振ることよくあります。 テクニックのメモです。 配列を繰り返す 配列0~4を3回繰り返したインデックスの作成方法です。 import numpy as np x = range(5) print(list(x)) # [0, 1, 2, 3, 4] i =…

備忘録:geopandasのGeoDataFrameをKMLで出力する

R

参考サイト:Field names mixed up writing via "KML" driver のとおり、fionaを使って出力します。 ただし、GeoDataFrame内の日本語column名が上手く出力されないようです。 また、KMLはNameFieldが必須のため、設定する必要があります。これも日本語名は上…

備忘録:windows環境でintel fortran無償版の動作環境を作る:2022-9-8

R

windows環境でintel fortranを使う必要があり、仕方なく環境を構築しました。 基本的には以下の2記事をそのままトレースしているだけです。 Intel oneAPI Base Toolkit + HPC Toolkit (Intel Fortran)のインストール(Windows版) - Qiita Intel oneAPIで作…

備忘録:tensorflowのインストール:2022-9-8

R

急にtensorflowを使い始めました。 インストールは以下を参考にしました。 https://www5.dent.niigata-u.ac.jp/~nisiyama/grad/python/anaconda-install-j.pdf#page=11 condaで仮想環境を作ります。今回はGPU無とします。 conda create --name AI python=3.9…

備忘録:海外の洗掘(scour)深予測の簡易式について

R

洗掘深予測式は、護岸の根入れ等を河床下へ埋設する構造物を設計する際に必要となります。 洗掘は大きく分類すると、 一般的な洗掘:General Scour 構造物周り等の局所的な洗掘:Local Scour になります。 前者は現在の技術では河床変動計算による予測が概ね…

備忘録:pythonでjsoncを読み込む

R

vscodeでおなじみのコメント付きjsonであるjsoncをpythonで読み込む方法です。 qiita.com 近いうちに標準で実装されると思いますが、現時点ではこの方法が良いと思います。

メモ:観測流量による流出過程、降雨量の推定 日野先生の文献より

R K

先日の勉強会のメモです。 以下の書籍の内容です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getE…

備忘録:私がよく使うfortranのコンパイルオプション

R

1億年ぶりにfortranを使ったらコンパイルオプションの意味がわからずに整理していなかったことを後悔したので改めて整理しました。 前提として、 ソースはfortran2003をベースに一部fortran2008の機能を含んでいる ifortはLinux版。windows版ではハイフンが…

「流量観測の不確かさ」のメモ

R

次の書籍からの抜粋です。pp.368 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d…

備忘録:paraviewのGUIフォントサイズを変更する

R

paraview 5.10.1です。 paraviewのGUIはフォントのバランスが悪いことが多いですが、 ツールバーの[Edit]-[Setting]から、 下図のとおり、[General]-[GUI Font]で[Override Font]にチェックを入れると変更できます。

備忘録:ドビッソン(d'Aubuisson)の公式

R

古典的な式ですが。 ドビッソン(d'Aubuisson)の公式 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.g…

気象庁の1kmメッシュ解析雨量GPV:GRIB2形式をpython:hvplotでレンダリングする

R

解析雨量について データ型の変換 wgrib2のwindowsでのインストール方法(2022/7/10時点) wgrib2による解析雨量バイナリデータのNetCDF型への変換 hvplotによるレンダリング クリップと結合 使用するライブラリ クリップ 結合 レンダリング 使用するライブ…

備忘録:np.datetime64のタイムゾーンの変更:UTCからJST

R

pythonのdatetimeオブジェクトには、aware:タイムゾーンあり、native:タイムゾーンなしの概念があります。 参考サイト:datetime の UTC / JSTの変換についてまとめ | Python Snippets 一方、np.datetime64にはタイムゾーンがありません。 np.datetime64の…

備忘録:"24:00"を含む謎の時系列データをpandasで読み込む

R

以下のcsvファイル内の"2010/01/01 24:00"のような"24:00"を含む謎のデータ(役所系に多い)をpandasで読み込む場合、通常のparse_datesオプションではdatetime型に変換できません。 tmp.csv 2010/01/01 20:00,1.42 2010/01/01 21:00,1.42 2010/01/01 22:00,…

scipy.signal.find_peaksで流量時系列から代表出水を簡単に抽出する

R

流量時系列から代表出水を抽出する作業は一見簡単そうですが、プログラミングする場合は微分等が必要となり、結構手間がかかります。 そのため、scipy.signal.find_peaks — SciPy v1.9.3 Manualライブラリを使って簡単にやってみます。 対象データはとあるダ…

備忘録:PDFフォントの埋め込めエラーの対策

R

学会あるあるですが、PDFのフォント埋め込みエラーの対策です。 TeXで作成したPDFはAcrobatを使ってエラーを修正することが最も簡単な方法だと思います。 Acrobat Proを使ってエラー箇所を確認 ツールの「印刷工程」→「プリフライト」→「PDF解析」→「潜在的…

古典的な格子生成方法:理論と実装

R

この記事のポイント ラプラス方程式を解くことによって滑らかな格子を生成することができます。 座標変換のラプラス方程式を導出しています。 pythonによる数値計算プログラムを載せています。 はじめに 計算式の整理 座標変換の準備 ラプラス方程式による座…