趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

備忘録:TeXのローマ数字

なんで準備されていないのか不思議です.

以下の方法が最もきれいな気がします.文中で使うと若干詰まりますが.

LaTeXで(文中に)ローマ数字を使う方法 - Qiita

ここにも書いてますが,ググるとアルファベットで打って文字間隔を調整する方法が引っかかります.これもなぜでしょう.

仮説が間違っていたかも:農業用ダムの下流河道の流砂環境へ与える影響

一般的な治水機能を持つダムの場合, ダムができると応答の遅い礫河床でも運用後30年も経過すれば,河床材料の粗粒化やみお筋の固定化や植生域の拡大等がみられるます. これは,出水のピークカットとダムによる流砂の遮断によるものです. なので,出水とそれに伴う土砂移動は河川の健全な流砂系を維持するためには必要と言っているのですが,ちょっとそれからずれる現象がみられたので整理しておきます.

対象河川は愛知川(河川コード8606041153)です. この河川には,永源寺ダムという農業用の治水用途を持たないダムが着工1952年,竣工1972年であります. ダム運用後,約50年が経過している状況です.

ダム下流4-7km区間の1949年から現在までの4時期の航空写真による河道状況の経年変化を示したものが下図のとおりです.

ダム下流から図の地点までの間に支川は1河川ありますのが小規模で顕著な流砂が生じるものではないと推定できます.

第一印象で,一部植生域の拡大は見られますが,砂州,みお筋の固定化はそれほど顕著ではないように見えます.

これは,ダム建設により流砂は遮断されるが, 農業用ダムのため,出水時の流量低減は無い(実際は貯水池があるため洪水波形は鈍る)ことにより,下流河道の流砂環境への影響が小さいことを示しています.

これが私の仮説と合わないところです.

私の仮説では流砂を遮断した段階でダム下流河道への影響が生じると考えておりましたが,今回の事例は,流砂を遮断しても出水が十分に発生している状況下ではその影響が小さい又は遅れることを示しているものと考えられます.

今後このあたりの力学的な裏付けをしっかりしたいなと思います.


参考サイト等

03紙地図をGISで使う

  • その他の航空写真はタイルマップを使用.地理院google

  • グラフの作成はHoloviewsを使用

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

  • はてブロへのhtmlグラフの埋め込みは以下を参照

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

  • 河川コードは以下を参照

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp


github.com

備忘録:TeXをms-wordに似せる

論文の執筆期間に入りましたが、私が書く系の論文はフォーマットがms-wordしかないものが多く、TeXユーザーとしてはつらいところです。 さらに、私はlualatexを使うので、日本語latexplatexユーザーがメインなので、フォーマットは一から作ることが多いです。

今回は、BXjsclsを使っていて、 パッケージユーザマニュアル を見ているとMSフォントを使うオプションをみつけました。

なお、標準のフォントはIPAexフォントです。

documentclassはこんな感じです。

\documentclass[lualatex, jbase=10.0pt, ja=standard, japaram={units, font={jis2004}}, jafont=ms]{bxjsreport}

一応結果を比較するとこんな感じです。

  • TeX:IPAexフォント

f:id:SedimentHydraulics:20210318162506p:plain

  • TeX:msフォント

f:id:SedimentHydraulics:20210318162516p:plain

f:id:SedimentHydraulics:20210318162528p:plain

いい感じにms-word感が出てます。

備忘録:河川コード

今年は実河川ものを多くアップロードしていきたいのですが、河川コードを書くことを習慣付けようかと。 (ほとんど誰も使わないのですが。。。。)

鉄板ネタとして「荒川」は一級水系に2つありますが、日本の全河川名でみると32河川あります。 (チェック用スクリプトはこちら。 河川コード一覧:国土数値情報 より抽出。)

import pandas as pd
url = 'https://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/RiverCodeCd.html'
dfs = pd.read_html(url, header=0)
df = dfs[0]
len(df[df['河川名'] == '荒川']) 
# 32

河川コードとは

  • 河川コードとは、国内のほぼ全てに割り当てられ10桁のコード 河川コード仕様書 国土交通省河川局、2005年4月(国交省のリンクが見つからなかったので東北地整のリンクです。)でルールが決められる。
  • 「河川局河川計画課長は,コードの付与及び管理に関する事務を総括するものとし,地方整備局河川部長(北海道開発局にあっては建設部長,沖縄総合事務局にあっては開発建設部長)は,コード主務者として,その管轄区域内の河川に関するコードの付与及び管理に関する事務を行うものとする。」
  • 「一度付与されたコードは変更されることはない。」らしいです。

コードの構成

f:id:SedimentHydraulics:20210314111049p:plain

  • 地域番号:一級水系は地域番号、それ以外は河口の位置する県番号
  • 水系番号:一級水系は各地整で順番に、それ以外は県単位で順番にらしいです。
  • 河川番号:以下の感じです。

f:id:SedimentHydraulics:20210314111102p:plain

各地整の河川コードのリンク

参考サイト

備忘録:python-selenium-googlechromeで画面コピー

グラフをhtmlで作ることが多いのですが、いざ紙ベース資料(??)を作るときに手動でやるのは大変なので、seleniumで画面コピー(スクリーンショット)をやる話です。

以下の参考サイトそのままですが。

Python + Selenium で Chrome の自動操作を一通り - Qiita

from selenium import webdriver
import chromedriver_binary
import time

driver = webdriver.Chrome()
    
h_add = driver.execute_script("return window.outerHeight - window.innerHeight;")
w_add = driver.execute_script("return window.outerWidth - window.innerWidth;")
    
driver.get("test.html")

# ここでサイズを調整    
driver.set_window_size(1300 + w_add, 850 + h_add)  # outerWidth, outerHeight を指定する
    
time.sleep(2) #念の為
    
driver.save_screenshot('test.png')  # 取得される画像サイズは innerWidth x innerHeight

driver.quit()

私が愛用するgeoviews(参考:pythonによる可視化はHoloviews一択 - 趣味で計算流砂水理 )がpng出力の場合、タイルマップが入らないので、この方法を使ってhtmlからpngに変換すると使えます。


  • chromedriverについて

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

  • geoviewsについて

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

備忘録:python-selenium-googlechromeのchromedriverのインストール方法

以下のサイトのようにいろいろな方法がありますが、

Python + Selenium で Chrome の自動操作を一通り - Qiita

私はcondaでやるほうが楽だと思います。 ただし、バージョンには注意が必要です。google chromeのバージョンと合わせて下さい。 バージョンの確認はこちら

現時点(2021/2/21)では、以下のようになります。

conda install -c conda-forge python-chromedriver-binary=88.0.4324.96

これを入れておけば、python上でインポートすれば動きます。

import chromedriver_binary

本業が・・・・