趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

σ座標系に手を出そうかと

連投になってすいません。

VOFを書いたところで、自由表面流れにおけるデカルト座標系の限界を感じてしまいました。河川流には向いてないような気がします。周期境界条件も作りにくいし。

そこで、今まで敬遠していたσ座標系に手を出そうかと思ってます。

Wuさんの本を読んでいると、水面の更新と座標変換について、Wuさんなり考え方で、ざっくり扱っても問題無いよ的なことが、7.1.3.2 SIMPLE algorithmの後半のWater level calculationとGrid adjustmentに書いてありました。

どうでしょうか。ご意見を頂きたいです。