読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

Re2:緩和係数と1D upwind flux scheme

かなり驚きますよね。

跳水位置の問題は、当然圧力項のハーフセルの問題だと思ってましたけど、移流項をいじることで解決するということが不思議でなりません。もう少し整理してみる必要がありそうですね。

オリジナルの1D upwind flux schemeですが、正直かなり気に入ってます。実河川の不定流はこれで十分な気がします。特にハーフセルの値をほとんど使わない点がいいですね。

あと乱流拡散係数の件ですが、渦動粘性係数ですね。もうちょっとでまとまるので少しお待ちください。