趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

AWS EC2上でのgfortranのベンチマーク

EC2が計算機として使えるのかをチェックしてみました.

環境

AWS-EC2

  • EC2の無料枠を利用
  • ubuntu18.04
  • gfortran GNU Fortran 7.3.0

local

ベンチマークコード

qiita.com

のコードをそのまま利用し,時間出力を追記しました.

program LeibnizFormula
  implicit none
  integer :: i = 0
  real(8) :: s = 0.0
  integer :: t1, t2, t_rate, t_max, diff

  call system_clock(t1)

  do i=0, 10**8
     s = s + (-1.0)**i /(2.0*i + 1.0)
  end do
  print *, 'Ans:', s*4

  call system_clock(t2, t_rate, t_max)
  if ( t2 < t1 ) then
      diff = (t_max - t1) + t2 + 1
  else
      diff = t2 - t1
  endif
  print "(A, F10.3)", "time it took was:", diff/dble(t_rate)

end program LeibnizFormula

結果

AWS-EC2 : 6.7秒

local : 5.1秒

  • localの普通のノートPCより20%程度遅い結果.
  • 致命的に遅くはないので,計算機としても使えるけど,速度を優先する場合は厳しい感じです.
  • 手軽に使えるので大量のケースの計算が必要な場合はいいかもしれないですね.