趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

2014-11-21から1日間の記事一覧

MAC法

K

ご存知だと思いますが、 下記サイトが非常に参考になりました。 森西先生の資料のようです。 夏期講習の資料でも、森西先生のお名前がありましたので、 実務で勉強するのは非常に有用かと思います。

鉛直二次元流れ

K

素晴らしいまとめの記述ありがとうございます。 ひとまず、ポチりました! 移動境界流れ解析 (数値流体力学シリーズ)作者: 数値流体力学編集委員会出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 1995/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 鉛直二次元の…

鉛直流れを考慮した計算について

R

平野先生の本は、MAC法、SIMPLE法の計算方法はしっかり書いてありますが、自由水面の話はほとんど無いです。 自由水面は「移動境界流れ解析」くらいしか無いかもしれないですね。 移動境界流れ解析 (数値流体力学シリーズ)作者: 数値流体力学編集委員会出版…

Re2:Computational River Dynamics

K

書籍 対象箇所がわかりました。 Chapter 2をまじめに読んでなかったので、変数等の定義が整理できてませんが、 ここら辺の話は1Dでは重要な河道横断地形のモデリングなので、面白そうです。 昨日は、移動時間が長かったので、Chapter 5の前半を中心に読んで…