趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

2019-02-12から1日間の記事一覧

オープンデータによる河川流解析:平面二次元流解析 : 格子生成編

R

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp の詳細編です. jupyterはこちら 格子生成 原点の東経132.8143, 北緯35.4159,緯度から角度が26度 x軸(ξ軸)が1000m,y軸(η軸)が90m メッシュサイズは5m 標高データの設定 前回作成した国土地理院基盤地図情報…

intel社さんからintel compiler for linuxを提供頂きました

R

経緯 intelのHP内に,Free Software Toolsのページあり,「Supporting qualified students, educators, academic researchers and open source contributors」と記載されております. そこで,Open Source Contributorの項目を辿ると,非商用ライセンスの申…