趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

AWS EC2上でのintel fortranのベンチマーク

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

をふまえて,

computational-sediment-hyd.hatenablog.jp

の続きです.

テストコードは前回と一緒です.

環境

環境について,AWS-EC2の環境について,容量不足でintel compilerが入らなかったので,前回よりストレージを無料枠の最大の30GBまで大きくしました.

AWS-EC2

  • EC2 t2.micro ストレージ30GB,東京リージョン:無料枠を利用
  • ubuntu18.04
  • gfortran GNU Fortran 7.3.0
  • ifort version 19.0.2.187

local-wsl-ubuntu

  • CPU:intel Core i7-8550U
  • windows10proのWSLのubuntu18.04
  • gfortran GNU Fortran 7.3.0
  • ifort version 19.0.2.187

local-windows10

結果

前回と少し結果が変わったので前回の条件のものも再記します.

AWS-EC2

  • gfortran : 6.4sec
  • ifort : 6.4sec
  • ifort -fast option : 6.4sec

local-wsl-ubuntu

  • gfortran : 5.2sec
  • ifort : 4.7sec
  • ifort -fast option : 4.3sec

local-windows10

  • gfortran : 5.4sec

考察

  • AWSの場合,intelを使っても全然早くない.なぜでしょう?大規模コードならもう少し差がでるかも.
  • localは,さすがintelさんです.
  • localのwindowsubuntuの差はほとんどない.
  • 上の結果からわかりませんが,AWSは各計算で計算時間がほとんど同じ.一方,localは他のタスクの影響をもろに受けるので時間差がでる.

もう少しいろいろ試してみます.