趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

地理院標高タイルから標高値を取得するpythonモジュール : libgsidem2el

またまた地図ネタです.今回はちょっと力作です.コードは短いですが,結構便利です.

国土地理院の標高タイルから標高値を取得するpythonモジュール libgsidem2el を作ってみました.

標高タイルとは, https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html#dem を見るとわかるように,タイル単位で配信される数値標高データです.

これがあると,基盤地図情報からダウンロードしなくても標高値を取得できます.

コードは以下です.

github.com

Usage

import module

import libgsidem2el as gsi

constructor

dem = gsi.libgsidem2el('DEM5A')

標高値を取得

  • 引数は経度,緯度,ズームレベルです.
  • ズームレベルは,DEM5A,B:15, DEM10B:0-14, DEMGM:0-8です.
el = dem.getEL(lon, lat, zoom = 15)
  • getELメソッドで取得,DEM5AB,10Bは[m],DEMGMは[cm]の標高値を返す.
  • それぞれの地図の対象範囲外は'outside'を返す
  • 水面等により欠測の場合は,'e'を返す(地理院タイルの使用).
  • 一度読み込んだタイルはクラスの変数demdfに保存するため,近接するデータの取得が高速化される反面,大領域を一度に処理する場合はメモリを消費する.

これを使って計算の準備をしています.お正月休みには準備できると思います.