趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

師走ですね

プライベートがバタバタしており全然駄目です。時間がない。趣味のコーディングが全然できない

基礎水理シンポジウム

http://www.jsce.or.jp/committee/hydraulic/kisosuiri/h29/kiso_suiri_symp_2017.html

出張が入ってしまい行けなくなってしまいましたが、ちょっと中身がヤバイですね。 大事なテーマではありますが、興味のある人が超限定的ですね。参加者少なそうです。

ついでに実河川の乱流問題について思うところを。

  • 乱流モデルも大事ですが、実験水路と実河川ではレイノルズ数があまりにも違うので参考になるのかどうかもよくわからない。
  • 現地観測は、三次元的な計測事例は平水時や閉鎖性水域のみ。やっぱり我々のターゲットは洪水時。で、洪水時の計測は、木下良作さんの水面渦くらいでしょうか。このあたりは近年飛躍的に計測技術が向上しているので期待ですね。先ずは平面渦を計測し、いわゆる第一種二次元流の実河川スケールでの特徴を把握することが重要な気がします。
  • 乱流モデルは、現時点では趣味の世界ですね。多分、LESでメッシュを小さくして計算するのが良いと思いますが、河川流で重要な粘性底層の取り扱い等課題は山積みです。
  • ただ、乱流問題の重要性は非常にわかりにくいので土木で扱うのはけっこう大変かもしれないですね。

その他

  • 変分法にドはまり中です。同化対象を上流端流量⇒上流端流量+初期流量+初期水位に変更したら、多峰性にはまってしまいました。
  • いつか細田先生的なアプローチでデータ同化の論文を書いてみたいなと思ってます。「一点の水位情報のみで流れ場を計算」ではなく、「一点の水位情報から境界・初期条件を推定することにより流れ場を計算」になりますが、面白いと思いますか?
  • いつの間にはwordでsvgが扱えるようになってました。これでようやくmatplotlibからベクターで貼れます。