趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

Upwind Flux Scheme:不連続面の修正2

前回上げたものが若干間違っていたので、修正しました。

せっかくシンプルなスキームなのにどうしても複雑になってしまいます。

河床高と水位の関係より不連続面の判定をしていますが、dxが大きくなった場合、この判定が上手く使えるか微妙なところです。

概ね安定しますが、ほんの僅かに質量保存が崩れてます。

不連続面は厄介ですね。みんなどうやってるのでしょうか。


処理なしの場合

f:id:SedimentHydraulics:20171030181522g:plain

処理を追加した場合

f:id:SedimentHydraulics:20171030181633g:plain

gist9a00b27130017211382ec8514ae2d340