趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

Upwind Flux Schemeの問題点と修正

  • 2d Upwind Flux Schemeの計算で厳しい条件の場合、全然回らなくて苦労していたのですが、1dでいろいろテストして、ようやく見つけました。

  • Upwind Flux Schemeに限ったことではないですが、水面の不連続面が出てきた場合、厄介なことになります。コロケート格子特有かもしれませんが、下のgifのように水面はなんとか解けますが、どんどん水が増えてしまいます。

f:id:SedimentHydraulics:20170928205415g:plain

  • そこで、水面と河床高の関係より、不連続面を判断し、そこの運動量フラックスをキャンセルすることにより、連続性は確保されるようになりました。また、二次元でもテストしてみます。

f:id:SedimentHydraulics:20170928205504g:plain

  • 一次元だとここまで急変する断面はないですが、平面二次元だと普通にでてくるので、注意が必要です。とゆうか、こうゆう話ってどこにも書いてないですよね。あえて挙げると以下を参考にしました。

http://www.impact-project.net/publications/wp3_pub7.pdf

  • さくっと書いてますが、見つけるまでに相当苦労しました。最初はドライベッドの問題だと思い、そこばかりを気にしていたのに全然違いました。

gist4faa1ea740856745c1892422d06de8fd