読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

スマホのGPS情報から写真にジオタグを埋め込む

全然水理学じゃないですが,仕事でやって楽しかったのでまとめてみました.

モチベーション

  • GPS付きのカメラが普及し始めているが,いざ使ってみると測位が遅かったり,精度が悪かったりして,あまり上手くいかないことがある.
  • スマホGPSはすぐに反応するのになぜ?と思う方もいるかと思うが,スマホの場合は,基地局が大まかな位置を特定し,その範囲内でGPSによる位置を特定しているためである.つまり,GPSが入らないところでも携帯の電波が届けば大まかな位置は特定できる.
  • そこで,GPS付きのカメラを使うのではなく,スマホGPSのログをとり,タイムスタンプから写真にジオタグを埋め込む方法を試みた.

スマホGPSロガー

  • 色々あるようだがフリーで良い物が見つからなかった.私は,iphoneアプリのZweiteGPS(480円)を使用した.写真の撮影期間中ログを取り続けて,終了後にGPX形式で出力した.
  • GPX形式が以降の処理で使いやすいため,その形式に対応するアプリを使用したほうがよい.

GPS情報から写真にジオタグを埋め込む

  • タイムスタンプでのマッチさせるだけなのでやろうと思えば手動でもできる.でも,手間なのでフリーソフトNikon ViewNX-i(http://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/220/ViewNX-i.html)を使用した.

  • 使い方は,非常に単純で以下の手順である.  

    1. 写真のフォルダを指定する.
    2. 上のタグ「地図」を選択.
    3. 「地図」⇒「トラックログを表示」⇒「トラックログファイル」の「追加」でGPXファイルを指定.すると地図上に経路が表示される.
    4. 「Log Matching」の「実行」をクリック.これですべての写真にジオタグが追加される.
    5. すべての写真を選択し,右上の「エクスポート」で保存.これでOK.タイムスタンプ,exif情報は変わらず,ジオタグだけ追加されている.

    以上,完成です.

QGISでの表示

注意

  • タイムスタンプでの一致のため,デジカメの時刻はきっちり合わせておく.
  • あえてGPS付きデジカメのメリットを挙げると,撮影の向きがジオタグに埋め込みことが可能なこと.

何を血迷ったのかワコムペンタブレットを買ってしまいました.