読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

鬼怒川の破堤

我が国は大雨で大変なことになっております.

鬼怒川の破堤

  • ご存知かと思いますが鬼怒川が破堤しました.地理院のサイトに詳しい情報があります.

台風18号による大雨等に係る情報|国土地理院

またサイト内のドローンの動画が重すぎるためyoutubeにもアップされております.

国土地理院がドローン撮影した鬼怒川決壊地点の衝撃(dragoner) - 個人 - Yahoo!ニュース

  • 直轄の破堤と言えば,矢部川以来ですが,あれは規模も小さく,パイピングであったため,越水破堤だと円山川以来ですかね.
  • 被害の状況を見ると,破堤による氾濫も大きですが,氾濫流量的にみると破堤地点の数km上流で越水した箇所があり,そちらからの流入量が大きいように思います.
  • 利根川水系でこのようなリスクが起こるということは全国どこでも起こる可能性はあるということですね.河川の治水対策はまだまだ不十分です.

数値解析屋として何が出来たか.

  • 気象予測は研究者の頑張りもあり,高精度での予測が可能になっており,今回のケースでも前日の段階でほぼ降雨分布まで予測できていました.
  • そう考えるとそれをインプットにして,河川水位の予測くらいは誤差は含むにしろ出来たのかなと思います.
  • 想定を超える洪水の発生を考慮すると適切な河川水位および氾濫水位の予測はソフト対策の観点からも重要なため,何とかしたいですね.まだまだ,私達のやるべきことは多くあるように感じます.