趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

Re3:平面二次元のスキームの問題

やはり境界条件でしたか・・・

流量規模によって常射が変わる。

結構、大変な川ですね。

支配断面や跳水位置が変わるのは、計算結果の評価が難しそうです。

 初期水位の設定。

背水から徐々に下げることはやったことがあります。 ただ、いずれにしても、初期条件の如何で計算の安定性が変わるのは重々承知なので、 処理は入れたほうがいいかもしれません。

おそらく、商用のソフトも何らかの設定を必ず入れているはずです。

簡易な1次元不等流計算を入れる(私は断念してしまいましたが)のが妥当なんでしょうか?

 仮想断面の追加。

確かに、仮想断面が良い気がします。 ただ、その勾配をどうするかがカギですね。 ある程度試行錯誤になるのかな。

1次元の範疇であれば、上流端が射流になる場合は、水面(河積)を与えるのが定石のようですが、 水面で与えてしまうと、流量は与えられないんですよね。

上流端の水深および流量をディリクレ条件で与えると不味いんですかね。 やったことがないので・・・。水深は等流?限界流?

平面も鉛直もそれなりに難しいですね。