趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

論文

知りませんでした。。。

大先生達が論文として取りまとめられたからこそ、 現在、実務で広く利用されているのかなと。

一方で、今の我々技術者が、 大先生の残した技術の何が良くて、何が不十分なのかを 理解しないままなのは。 お叱りを受けるかなと思います。

土論、防災研の論文を読み返したいと思います。