趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

河川シンポ

これから某大学で打ち合わせです。 河川シンポ ようやくCDになるんですね。 当日は無理そうですね。行きたい気持ちはあるのですが。 とりいそぎ Intel Fortran コンパイラ+VSで作った実行ファイルを配布して使ってますでしょうか? 今度の勉強会でその辺の…

河川シンポとか

R

河川シンポジウム スケジュールが公開されていました。 2016年度河川技術に関するシンポジウム | 土木学会 水工学委員会 河川部会 もうこんな時期ですね。今年はなぜか全く興味がわきません。論文集が紙からCDになるようです。軽くてうれしいです。来ますか…

Re:VOF

K

VOF だらだらしててすみません。早く一区切りしたいのですが。。。 貯水池用の比較的ゆったりとした流れと、床止め下流の比較的厳しい流れの二つはやりたいですね。 FEM 仕事の絡みもあるので、フレームのマトリクス構造計算とか弾性体のモデルをゼロから書…

VOFのベンチマーク

R

VOF 久しぶりにVOFをやろうかと思ってます。 そこでベンチマークですが、越塚先生の水柱の決壊のものは有名ですが、その他ってご存じですか? そもそも物理モデルじゃないので実験とかになるのでしょうか。 変分法 ようやくですがとりあえず双子実験からスタ…

のんびりやりましょう

R

体調が回復して良かったです。 Podcast聞いておきます。 今日は午後から学校の研究計画の打合せで気が重いです。 やりたいこと・やらなければいけないことはいろいろありますが、お互いのんびりやりましょう。

取り急ぎ

K

Alpha Goとbash on Windows rebuild.fm ひとまず、Alpha Goについては134回、 bash については、136回を聴くと面白いです。 体調は戻りました。だいぶ色々ありましたが。。。

HLLCの論文

R

久しぶりに論文の情報です。 A robust 2D shallow water model for solving flow over complex topography using homogenous flux method HLLCの論文ですが、ひたすら解析解や実験と検証をしているところが面白いです。というかスキームの検証に使えるなと思…

この本はいかがでしょうか。

R

やることは山程あるのですが、少し休んだほうが良いとアドバイスを受けたので、久しぶりにのんびり実家に帰省してました。何年かぶりにPCも参考書も論文も持たずに4日間も生活したので、1日ってこんなに長いんだと感じてました。おかげでモチベーションは全…

情報共有2

R

Alpha GO 以前話しましたが、githubを見つけました。 【ディープラーニング】AlphaGoの勉強でもするか - あれもPython,これもPython コードはpythonっぽいですね。 bash on Ubuntu on windows Windows 10 The Latest:Windows 10でUbuntuのシェル「Bash」が…

pythonのfortranによる高速化

R

※ifortで通ったので修正しました。 I/Oはpythonで書くけど、科学技術計算の部分はfortranに任して高速化してしまおうという話です。以下のページをほぼそのまま使用しました。 PythonからFortranのサブルーチンを呼ぶ。 - いぐにさんにっき windows 環境で f…

情報共有

R

先日はお疲れ様でした。体調悪そうでしたが無理せず、でも頑張ってください。話に出た内容を整理しておきます。 GitHub - damianavila/RISE: RISE: "Live" Reveal.js Jupyter/IPython Slideshow Extension 昨日社内プレゼンで使いました。数式も打てるし、図…

勉強会の話

R

変分法の話 4D-VARなので4章ですがまずは2章ですかね。ちょっと頑張ります。あと某氏がメモを作ってれたのでメールで送ります。 Quasi 2D Section モデル とりあえず、昨日一気に書き上げました。とりあえず結果のみ載せておきます。 図化の際にnumpyのmask…

最適化問題

あまり体調がよろしくないですが。。。 変分法 構造物の解析を行うとエネルギー最小の原理をそのまま使って解析を行います。そうすると変分法に行き着くのですが、流体だとあまり意識する事が少ないですね。 大局的には最適化問題として捉えられるなと感じて…

新テーマ:変分法

R

やらないと駄目になってしまいました。一緒にやりませんか。 この本を買いました。 データ同化―観測・実験とモデルを融合するイノベーション作者: 淡路敏之,池田元美,石川洋一,蒲地政文出版社/メーカー: 京都大学学術出版会発売日: 2009/08/20メディア: 単行…

Section Quasi 2Dモデル:とりあえず自分の中で一旦完了かな。

R

仕事がちょっと目処がついてきたので、気分転換に計算をしてみました。例のSection Quasi 2Dモデルです。時々はやっていのですが、とりあえずまとめてみました。 LESの適用は断念しました。 断念というよりは、以下の点より不可能なことに気付きました。 本…

re2:GUIの話とか

R

珍しく会社に鍵を忘れてしまい、こんな時に限って妻が飲み会で家に入れずファミレスで書いてます。 GUIの話 d3.jsもmatoplotlibも当然excelもライブラリの集まりなので、気軽に使えるようになるにはそれらを覚える必要があり、学習コストは大きいですね。 VB…

Re:GUIの話

目的 GUIを整理する上で、どこを目的にするかな?というのはある気がします。 やはり、自分以外の誰かが使う(利用および改良)のであれば、Excelの方がいい気がします。 新しい言語は学習コストがかかると思うので・・・。 Excelでのチャレンジ Excelでやる…

GUIの話

R

グラフ関係のGUIですが、VBA for EXCELが不評だったので何か無いかなと思い考えましたが、いっその事、D3.jsで作るのはどうでしょうか? D3.js - Data-Driven Documents やっぱりハードルが高いでしょうか。。。

VBAとか

K

VBA for Excel こういうの良いですね。 というか備忘録としては正しい気がします。 Excel関係の勉強会はお金取れますし。 最近はExcelでグラフを大量に作ってWordファイルにペタペタ貼るようなものを使ってます。 グラフの操作時に、2013と2007で関数が変更…

VBA for EXCELの高速化とか

R

先日はお疲れ様でした。 VBA for EXCELの高速化 珍しくパブリックに向けて。知っている人なら当たり前のことですが、困ってる人が見てくれることを期待して。 いろんなサイトがあると思いますが、VBA for EXCELで最も遅いのはワークシートへのアクセスです。…

決定係数について

R

仕事で寄与率を算定する必要があった際にググってたら、面白い記事にあたったので添付しておきます。 決定係数R2の誤解: 必ずしも相関の2乗という意味でなく,負にもなるし,非線形回帰には使えない - Yahoo!知恵袋 常識ですか?

水工のプログラムが公開されました。

R

全然書けずにすいません。久しぶりに結構忙しくなっます。と言っても雑用ですが。 1000断面くらいの低水路の肩を拾っていたら気が狂いそうになりました。色々考えましたが、感覚で決めているのでプログラムミングが思いつかないです。私の頭を再現したAIがあ…

懐かしくないですか?

R

ずい分前から気になっていましたが、左下の写真懐かしくないですか? ずっと還元はやってるみたいですが(なぜが毎年業者が変わってます。。。。)、どんな感じになったのか見てみたいですね。

Re:リアルタイム予測

R

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 リアルタイム予測 いろいろアドバイス頂きありがとうございます。正月は移動時間が長かったので、結構論文を読みました。とりあえず、この関連の締め切りが12日のため、概ねとりまとめまし…

リアルタイム予測

K

幾何学的補間 幾何学的補間だと、水深を補間するようなイメージでしょうか? 測量断面であれば既知点の河床高がわかるので、線形補間、スプライン補間等のやり方で、 補間するということになると思います。 ただし、スプライン補間であれば、既知点が多くな…

補間の話

R

急遽勉強する必要があり、知識がありましたら教えて欲しいです。 河川において、縦断的に複数点の水位時系列変化がわかった場合、その間の水位を補間して求めようと考えております。 とりあえず一次元的に考えてみると以下のような方法がパッと思い浮かびま…

コンパイラ

K

gfortran gfortranは研究室の時代に初めて使った気がします。 バグがあるのは知っているのですが、自分の書き方が幼稚なのかクリティカルな場面に出くわしたことがありません。 f03に対応していないのはちょっと・・・、と思いますね。 その他コンパイラにつ…

fortran compilerについて

R

先日話にでたfortranのcompilerの件ですが、いろいろ調べてみるとgfortranは結構バグあったりとなかなか厳しそうですね。 私がfortranを書くときには必ずgfortranで回るようにしてきましたが、ifortを使用することを前提として考えても良いのかと思ってます…

re:iric

R

ご存知だと思いますが、Nays1D+がリリースされてるようです。 iricの方は知りませんでした。 マニュアル(http://i-ric.org/ja/download/get/CGZaFv)式(3)-(9)をみるとあまり断面平均流速の計算方法が良くないですね。局所で矩形近似したマニング則を適…

iRic

K

1次元河床変動 ご存知だと思いますが、Nays1D+がリリースされてるようです。 混合粒径の掃流砂には対応しているようです。 マニュアル読んでみようかと思います。 CommonMP 準二次元が出ておりました。 実績や使い勝手がどうか気になります。 もしお使いなら…

シンポジウムの話とか

R

相変わらず忙しそうですね。無理せずに頑張ってください。 かなりpythonは使ってますが、まだあまり速度が気になったことがないです。気になるのはmatplotlibを使った時くらいです。f2pyは少し見てみましたが、当然オブジェクトを渡すことができないと思うの…

師走

K

f2py やろうとしているのですが、OSXをアップデートした関係で、gccがおかしくなって上手くいきません。 (環境すら整えられない・・・) これについては、「ハイパフォーマンスPython」を読んでやろうとしてます。 http://www.oreilly.co.jp/books/97848731…

スマホのGPS情報から写真にジオタグを埋め込む

R

全然水理学じゃないですが,仕事でやって楽しかったのでまとめてみました. モチベーション GPS付きのカメラが普及し始めているが,いざ使ってみると測位が遅かったり,精度が悪かったりして,あまり上手くいかないことがある. スマホのGPSはすぐに反応する…

久しぶりに河床変動の話

R

ご存知かもしれませんが,芦田・藤田の式による河床変動計算の論文を検索していた時に以下を見つけました. https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/52/0/52_0_613/_article/-char/ja/ 細田先生らしくない論文で内容は全然駄目なのですが,何とか簡…

Gitによるversion管理

R

次回勉強会のテーマの決めのために,最近思うことを適当にブログに上げておきます.興味のないことは無視して下さい. Gitによるversion管理 ある人に勧められてやってみようかと考えております.使ってますか? webからの情報だと,慣れている人ならCUIのみ…

Section Quasi 2D Uniform Flow model

R

Section Quasi 2D Uniform Flow model 今できているとことまでアップします. 先ずはこれまでのケースで底面,壁がnonslip条件のもの 全然合わないです. 次は底面,壁に対数則を与えます. 流速の絶対値はあってきました.なお,ここでは,cfは0.004を与え…

pythonの話とか

R

pythonの話 indexで回すことが前提のプログラムになってます.多分癖ですね.なかなか抜けないです.多分すべてをindexループなしで書こうと思うとイテレータでしょうね.可読性の問題がありますが.参考:Pythonのイテレータとジェネレータ - Qiita indexの…

鉛直方向流速分布

K

プログラムありがとうございます。 見てみて、回してみました。 の設定 プログラム中のの設定がわかりませんでした。不勉強ですみません。 今度教えてください。 鉛直方向流速分布 デフォルトの設定で、開水路中央の位置で流速分布を取ると、ご指摘のとおり…

Section Quasi 2D Uniform Flow model case01

R

またまた更新間隔が空いてしまいました.結構ひどい風邪を引いてしまい,週の半分も欠勤してしまうなどあり,なかなか手が回りませんでした. Section Quasi 2D Uniform Flow modelの開発 前回打合せ時の件です.命名はとりあえず上記の通りにしました.先に…

はじめてのf03

R

全然更新せずにすいません.抜け殻のようになってました. 気分転換にf03で不等流計算を書いてみました.結構苦労しましたというかかなりの力作です.DBの置きましたので,確認し意見をいただけると幸いです.doxygenもあります. ハマった点や気になる点を…

粒子法詐欺

R

粒子法について webで見つけました. http://kamonama.blogspot.jp/2009/08/sph.html これってほんと詐欺だと思いません?SPHで解いていますが,たったこれだけの粒子数で解けるなんてレンダリング次第でどうにでもなりますね.CG向きです. SPHやMPSってど…

防災・減災のための数値計算

K

鬼怒川 ゆっくりですね。かなり意外です。 実験だともっと早く感じられるんでしょうかね。 水位の話 以下の論文では、ダイナミックウェーブを使っているようなので、それなりに合うような気がしていますが・・・。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsc…

鬼怒川など

R

鬼怒川について 国交省のHPに決壊地点のCCTVが載っていました.激重なので,注意して下さい. http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/kikaku/data/20150910132234.mp4 印象として破堤ってもっといきなり来るものかなと思ってましたが,意外にゆっくりと進むな…

越水

K

ホテルにて ホテルのテレビで流れていました。 直轄だったんで、びっくりしていたんですが、越水破堤だったんですね。 氾濫の様子をみて、唖然としてました。 現在の状況 数値解析については、降雨分布の予測はできていて、 流出解析による流量の予測できて…

鬼怒川の破堤

R

我が国は大雨で大変なことになっております. 鬼怒川の破堤 ご存知かと思いますが鬼怒川が破堤しました.地理院のサイトに詳しい情報があります. 台風18号による大雨等に係る情報|国土地理院 またサイト内のドローンの動画が重すぎるためyoutubeにもアップ…

Re:浮遊砂

R

生成項まで完全陰解だと、落ち着くのかなと考えてます。 気分転換にたまにいじってますが.どうも濃度の問題じゃなさそうです. 濃度分布式はそれほど非線形性が強くない解けてないわけじゃなさそうです. 今の感じだと流れと河床変動を分離して解くことによ…

Re:土石流の話

R

多分,山地河川のものと似たような感じだとは思うのですが,支配方程式は以下のものです. [http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/no57/ronbunB/a57b0p36.pdf] ラフに扱っているというのは,depth-integrateの取り方だと思います. 本当はc*uを考えて積分す…

プログラミングの話

R

計算待ちの時間にだらだらと書いていたら長くなってしまいました. Fortranの本 本の紹介有難うございます.いまさら本を出すのもすごいですね.本屋で見てみます. あと、サブルーチンを引数にする書き方があるのは知りませんでした。 私も知りませんでした…

Fortran90の本

K

Fortran90 なんかこんな本が出ていました。 Fortran ハンドブック作者: 田口俊弘出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2015/07/10メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る moduleについては触れられていませんが、それなりにアルゴリズム…

カーテシアン格子か境界適合格子か

R

鉛直二次元流れや三次元流れの解析での格子系について,カーテシアン格子か境界適合格子がいいのかを改めて考えてみました. 河川の解析で境界適合格子を使うことが多い理由 水面や河床が極端に変形しないことは大前提ですが,河川流れを決定するせん断力の…