読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

Re:河床波の計算等について

K

河床形態 中規模河床形態は黒木先生の論文、 小規模河床形態は泉先生の論文でしょうか? 線形の安定不安定って、本当に正しいのか気になりますが、 いずれにしても、上記論文を読むことにします。 「流体の非線形現象」という本はご存知かと思いますが、 摂…

一様弯曲水路における河床変動と河床波の特性に関する実験的研究

K

読んでみました。 5.河床波発生時の流況特性 砂堆が発生している場合に「河床を固定し流速分布を測定した」とのことですが、 どうやって、河床を固定したのかが気になっております。 実際の実験でどうやるのか不思議です。これが所謂実験屋のノウハウでし…

Re:基礎水理シンポジウム

K

基礎水理シンポジウムの季節ですね。 山上先生は、禰津先生の所ですよね。 気になったところです。 内田先生 摩擦速度は粗度層の流れを表しているか? -粗度層を含む河床近傍の流れの非平衡性を考慮した解析に基づく検討 これまでの議論が多かったのでしょ…

床止め下流等々

K

「一様湾曲水路における三次元流れ構造と河床変動に関する研究」を読みました。 図-7については、合ってないですね。 気になったのは、図-5の流速ベクトルです。 実験値 底面外湾側に流速が偏り、80°~90°付近で流速が落ちているように見えます。 計算値 底…

自由表面を取り扱う意味

K

資料 桜庭さんの資料は見たことがありましたが、まじめに見てませんでした。 長田さんの土論には、本当に1文ですね・・・。 VOF法のHirtさんの論文を読んでおきたいと思います。 確かに種類が多いみたいです。 非圧縮性流体の解法 これについては、おっしゃ…

MAC法

K

ご存知だと思いますが、 下記サイトが非常に参考になりました。 森西先生の資料のようです。 夏期講習の資料でも、森西先生のお名前がありましたので、 実務で勉強するのは非常に有用かと思います。

鉛直二次元流れ

K

素晴らしいまとめの記述ありがとうございます。 ひとまず、ポチりました! 移動境界流れ解析 (数値流体力学シリーズ)作者: 数値流体力学編集委員会出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 1995/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 鉛直二次元の…

Re2:Computational River Dynamics

K

書籍 対象箇所がわかりました。 Chapter 2をまじめに読んでなかったので、変数等の定義が整理できてませんが、 ここら辺の話は1Dでは重要な河道横断地形のモデリングなので、面白そうです。 昨日は、移動時間が長かったので、Chapter 5の前半を中心に読んで…

Computational River Dynamics

K

対象の目次を教えて頂けると助かります。 Amazonは書籍のページが出ないもので・・・。 なんで、日本の書籍でこういったのがないのか不思議でなりません。

f90のコーディングルール

K

下記の感じで考えており、実際にサンプルのソースを書いている最中です。 遅くなってすみません。 構造体変数をどうするかも気になりますが、 数千行なら良いかなと思います。 一番は見通し良く書くことだと思います。 2ファイル以上なら、makefileは残して…

論文

K

知りませんでした。。。 大先生達が論文として取りまとめられたからこそ、 現在、実務で広く利用されているのかなと。 一方で、今の我々技術者が、 大先生の残した技術の何が良くて、何が不十分なのかを 理解しないままなのは。 お叱りを受けるかなと思いま…

ダムブレイク

K

早いですね。 この章は実は読んでいて、気にはなっていたのですが、 Fig9.8を見てる限り、少し精度が低いのかなというところと、 本全体を通して、「この手法は流れが急変するようなところで使ってね」という印象があったので、試してませんでした。 weighti…

この手の本

K

日本語でも、論文で詳細に書いてあるのもありますが、 書籍で取りまとまっているのはありがたいことだと思います。 日本の書籍だと、数式書いて、スキーム書いて、結果を書いてが多いですから。 ちゃんと読めてませんが、 dam break flow over movable beds…