趣味で計算流砂水理

Computational Sediment Hydraulics for Fun

K

素晴らしい

K

遅くなりました。 見てみました。 ユーザビリティ 特に違和感なく、使えました。 グラフも同時に表示されるので、 使いやすい印象です。 Form 結構使ってるんですかね。 .NETに似てるなと思いましたが、似てるはずです。 個人的にはFormの中に、アルゴリズム…

データベース

K

前提 ユーザーはExcelを利用可能である。 ユーザーはエクセル以外のソフトウェアをインストールしない。 ユーザーのPCにてデータ抽出プログラムを実行する。 さてさて ユーザーの手間を省くなら、エクセルのみを使った方がいいと思います。 SQLはツールです…

完了!

K

本日、終了しました。 あとは引き継ぎ関連です。 SQL FortranはSQLが使えるみたいですね。 (立ち読みで使えるみたいなことが書いてありました) 入出力もデータベース管理できれば、 楽できるかなと思います。 本業 VOFの場合分けを図っています。 やはり、…

更正係数

K

周辺技術も結構面白いですからね。 いろいろ興味を持って、少しずつ解決していくのが大事かと思います。 更正係数について 私も安芸先生の論文を以前読んで、浅水流近似の場合の鉛直流速分布について考えたことがあります。 確か、底面粗度と鉛直方向流速分…

統合開発環境

K

以下のはいかがでしょうか? https://atom.io/ Atomというテキストエディタですが、ギッハブで作られています。 http://news.mynavi.jp/column/ide/169/ http://dotinstall.com/lessons/basic_atom http://prpr.hatenablog.jp/entry/2014/09/21/230228 個人…

Fortran2003

K

連投すみません。 OOPということで、Fortran2003を調べてみました。 http://www.nag-j.co.jp/fortran/fortran2003/ intel、pgiでも機能は使える模様です。 gfortranは一部機能のようです。 拡張子は「.F03」です。 構造体にサブルーチンを入れる構成のようで…

OOPと低平地タンクモデル

K

更新できてなくてすみません。 なんか仕事が増えちゃいました。 低平地タンクモデル 角屋先生の低平地タンクモデルのトレースがもうちょっとで終わりそうです。 pythonで実装してますが、spyderというツールをインストールしてあげると、 必要なライブラリは…

OOP

K

業界では、オブジェクト指向は本質的ではないですが、 保守・管理を考えるとどうしても必要になります。 参考 新谷先生の論文 環境流体解析を目的としたオブジェクト指向流体モデルの開発と検証 水工学論文集 第53巻 2009年 http://www.comp.tmu.ac.jp/shint…

Re:低平地タンクモデル

K

お疲れ様でした。 確かに私も反省です。 自由表面流れの計算をひとまず完成させます。 いろいろ興味があるのは悪いことではないと思っているので、 1つでも形にすれば、次々うまくいくのかなと。 資料ありがとうございます。 聞き逃していたのかもしれません…

Re:doxygen:f90では使えないようです。

K

とりあえず、下記のように出力されたのですが・・・。 まあ、大文字小文字が区別されて出てこないので、 ちょっといやらしいですが・・・。 RDocは知っているんですが、rubyいれるのがなぁと。 電脳Rubyは非常に有用だと思うのですが、 ruby自体が2.2にも関…

ネタ

K

平面二次元 射流の流量と河積を与えてみたらどうでしょうか? 延伸するのが、対応としては正解かもしれません。 ただ、メッシュを切るときに、 射流となるような箇所を上流端とするのがイマイチわからんのですが。 測量データがない? これまで、非定常1次元…

Re3:平面二次元のスキームの問題

K

やはり境界条件でしたか・・・ 流量規模によって常射が変わる。 結構、大変な川ですね。 支配断面や跳水位置が変わるのは、計算結果の評価が難しそうです。 初期水位の設定。 背水から徐々に下げることはやったことがあります。 ただ、いずれにしても、初期…

Re:平面二次元のスキームの問題

K

体調は大丈夫でしょうか? 断面平均で10m/sですか・・・。 かなり厳しいですね。 私も気をつけます。 (絶賛炎上中。迷惑かけまくりです) CIP法 CIP法は、求めたいステンシルと、上流側のステンシルの空間幅の中に、 uΔtが入っていれば、解けるはずです。 …

コーディングルール

K

多少まとめました。 誤字脱字等あるかもしれませんので、修正を書けるつもりです。 あと、一般的なもとの差があるかもしれませんが、 基本的には、「ルールを守って記述する」というのが一番重要です。 文字の取り扱い キーワードはすべて大文字 基本的にはf…

本年1回目

K

私も本業が炎上しかかっております。 本年1回目につきまして了解しました。 確認のメールを後ほど送付します。 では、ご提案沿いましてネタは主に以下ということで。 ソースコードの話 論文の話 フォーマットの話 プログラムの書き方 Amazon.co.jp: プログ…

Re:論文管理

K

返信遅れてすみません。 流行病Aで撃沈してました。 論文管理 論文管理はしたことがありません。 せいぜい、PDFで保存して、必要な場合に所感をエクセル表にしてるくらいです。 知ってるのはEndNoteくらいです。 情報を頂き、やるべきだなと思います。 Mende…

Paraview

K

遅ればせながら、いただいたプログラムを回して、 Paraviewを使って描画してみました。 計算時間について インテルじゃないとだめですね。 gfortranだと話になりませんでした。 Paraviewについて vtkファイルフォーマットをいまいちわかってないのですが、水…

Re:穂波

K

穂波は、池田先生も以前やっていたようです。 水理学だと沈水性植物がある場合の開水路流れでしょうか。 解析的には揺動にはモードがあるので、それをモデル化していたように記憶しています。揺動により、植生と流体が相互に影響を及ぼすような形で、乱れが…

batかmakeか

K

UNIX文化があれば、とりあえずmake叩いとけばいいでしょ、というのはありますね。 Windowsだとバッチかnmakeか。 河床変動含みだと確かに界面を追跡したほうがよさそうですね。 セル内における変数のバランスが取れていれば良いのかなとも思います。 混合粒…

固体との境界

K

ソースありがとうございます。 回そうとしたら、ファイルパスにフォルダが含まれていたので、 フォルダを作成する必要があるんですね。 計算結果の詳細を見てないので、ちょっと評価できてませんが、 あらためて、コメントできれば良いなと思います。 流速ベ…

Re3:緩和係数と1D upwind flux scheme

K

移流項を小さくするということは、相対的に圧力項を修正しているということなんだと思います。 移流項を2次精度くらいにすれば、もしかしたら、かなり整合取れるような気がしてきました。 (まあ、こだわってもしかたないですけど。。。) このスキームのミ…

Re:緩和係数と1D upwind flux scheme

K

結果見ました。 MIKE11の方を使わないとダメなんですね。 基本的にはσについては移流項のみに掛けると考えればいいんですね。 結構、整合取れているように見えます。 (ちょっとびっくり) オリジナル版の1D upwind flux schemeにおける跳水位置の原因ですが…

Re:乱流拡散係数

K

実河川ですか。面白そうですね。 お暇なときにお教え頂けるとテンションがあがります。 質問とか 乱流拡散は渦動粘性係数で解釈はあってますか? 乱流拡散の値は摩擦速度から算定する例のあれですか? もし摩擦速度から算定する場合、3次元での考え方を教え…

拡散波

K

LPIについて An LPI Numerical Implicit Solution for Unsteady Mixed-Flow Simulation 論文を読んでみました。 なお、FLDWAVの解説書は下記のようです。 http://www.rivermechanics.net/models/fldwav_doc.pdf 元々、LPI techniqueは、常射混在流れの場合、…

緩和解法

K

例の緩和解法ですね。 論文ありがとうございます。 元々は非定常計算で使ってたんですね。 加速度の項(実質微分)に掛かっててびっくりしました。 不等流計算に適用してますが、 その妥当性については不明ですね・・・。 実用上は、レベル3の非定常計算で…

Re:河床波の計算等について

K

河床形態 中規模河床形態は黒木先生の論文、 小規模河床形態は泉先生の論文でしょうか? 線形の安定不安定って、本当に正しいのか気になりますが、 いずれにしても、上記論文を読むことにします。 「流体の非線形現象」という本はご存知かと思いますが、 摂…

一様弯曲水路における河床変動と河床波の特性に関する実験的研究

K

読んでみました。 5.河床波発生時の流況特性 砂堆が発生している場合に「河床を固定し流速分布を測定した」とのことですが、 どうやって、河床を固定したのかが気になっております。 実際の実験でどうやるのか不思議です。これが所謂実験屋のノウハウでし…

Re:基礎水理シンポジウム

K

基礎水理シンポジウムの季節ですね。 山上先生は、禰津先生の所ですよね。 気になったところです。 内田先生 摩擦速度は粗度層の流れを表しているか? -粗度層を含む河床近傍の流れの非平衡性を考慮した解析に基づく検討 これまでの議論が多かったのでしょ…

床止め下流等々

K

「一様湾曲水路における三次元流れ構造と河床変動に関する研究」を読みました。 図-7については、合ってないですね。 気になったのは、図-5の流速ベクトルです。 実験値 底面外湾側に流速が偏り、80°~90°付近で流速が落ちているように見えます。 計算値 底…

自由表面を取り扱う意味

K

資料 桜庭さんの資料は見たことがありましたが、まじめに見てませんでした。 長田さんの土論には、本当に1文ですね・・・。 VOF法のHirtさんの論文を読んでおきたいと思います。 確かに種類が多いみたいです。 非圧縮性流体の解法 これについては、おっしゃ…